新海誠『天気の子』に隠された三葉と瀧のその後とは??

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新海誠監督の最新作の『天気の子』。
もうご覧になりましたか?

君の名は。から新海誠監督の作品のファンになった方も多いと思います。

新海誠監督はキャラ愛が強く以前の作品のキャラが度々登場したりで作品が好きな人にはたまらない演出になっています。

作中では触れられていませんが隠れ要素がたくさん含まれているのはファンの中では有名なお話です。

今回はそんな大ヒット『君の名は。』に登場していた主人公の三葉と瀧の今後についての描写が描かれていたので紹介したいと思います。

君の名は。では隕石が降ってくるは、天気の子では雨が振り続けるわで悲惨な目にあっている瀧と三葉。

ですがこの2人は実は結ばれていたと思われるシーンが映画内にあります。

3年後に天気の子の主人公の帆高が瀧のおばあちゃんの富子にあいに行った際、富子が頬杖をついたシーンがありました。

その右手にちらりと写り込むのが君の名は。の三葉のトレードマークでもある組紐!!

そう、もともとおばあちゃん子だった三葉は瀧のおばあちゃんの富子にも気に入られ家族公認の仲になていると思われます。

そして組紐をおばあちゃんにもプレゼントしたりして、、、なんて想像を楽しめます。

そしてそのことを小説で決定づける描写が書かれていました。

それがこちら。

部屋にはいくつかの写真が飾られている。亡くなった旦那さんらしきおじいちゃん。賑やかな家族写真。お孫さんの結婚写真

そう!富子の孫は瀧でその相手というのは三葉!!
頭の中でRADWIMPSのスパークルが流れてきました!

ということで君の名は。の瀧も三葉も、天気の子の帆高も陽菜もみんなハッピー♪

気になる方は小説を読んでみてはいかがでしょうか?
また新たな発見があるかもしれませんよ〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ新海誠
スポンサーリンク
しろつべ

コメント