ポケモン都市伝説 ヒトツキは剣で殺されたポケモンたちの怨念??

ポケモン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒトツキというポケモンはXYシリーズで登場します。タイプはハガネ/ゴーストタイプです。

ポケモンの説明には以下のようなことが書かれています。

ししゃの たましいが こだいのつるぎに やどって うまれたらしい。 ひとに とりつき いのちを すう。

つるぎの つかを にぎった ひとのうでに あおい ぬのを まきつけてたおれるまで いのちを すいとる。

ダイヤモンドパールのミオ図書館にあるトバリ神話には剣を持った若者の話が記載されています。

その内容はこんな感じです。

ある若者が剣でポケモンを殺し食料としていたがポケモンは突如姿を消した、、、
若者は長い旅によりポケモンを見つけ出すが、ポケモンはお前たち人間に復讐をすると告げた。
若者は2度と過ちを犯さないと誓い、剣を叩き折るとそのポケモンは立ち去った、、、

こういうお話です。

その叩き折った剣に殺されたポケモンの魂が宿ったのがヒトツキらしいです。

目の前に現れたポケモンは剣で殺された幽霊で立ち去ったのではなく剣に魂が宿ったとされています。

ヒトツキのポケモンタイプはゴーストタイプでもあるので古代の剣に取り付いたポケモンの怨念という説はあながち間違いではないのかもしれませんね。

1つのポケモンにこういう裏事情があったりするのもポケモンの面白いところです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ポケモン都市伝説
スポンサーリンク
しろつべ

コメント