ポケモン都市伝説 ダイヤモンドパールのなぞのばしょの正体とは?

ポケモン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポケモンダイヤモンドパールをしたことはありますか??
ポケモンダイヤモンドパールは第4作目になる任天堂DSがハードになるポケモンシリーズです。

究極のポケットモンスターと銘打たれていて人気のシリーズです。

この人気シリーズをやり込んでいる人は一度は行ったことがある場所でなぞのばしょという場所があります。

このなぞのばしょというのはあの世という都市伝説があります。

なぞのばしょというのはある一定の条件を満たすことでいくことができるのですが、この場所がなんであの世と言われているのでしょうか?

いく方法として、四天王の部屋の前で波乗りをすると扉を突き抜けることができ、進むにつれてソノオの花畑、戻りの洞窟やBGMが変わっていきます。

奥へ奥へといくことができます。
そして最終的に行き着いた先というのがなぞのばしょという場所になります。

暗い場所を進む時に現れる地名というのが生死と関わりが深い場所ということ。

ダイヤモンドパールでも重要性が高い場所ばかりなのです。

ソノオの花畑は三途の川の周りの花畑を表し、戻りの洞窟は三途の川を渡った人たちが行き着く場所。そこへ行き着くための場所がなぞのばしょと言われています。

そのような解釈をすることでなぞのばしょというはあの世ではないか?ということも考えられますよね。

普通ではいけない場所にわざわざ名前をなぞのばしょという名前をつけた意図は?色々なことが考えられますよね。

 

 

コメント