みゆな『ふわふわ』の歌詞の意味は?現役高校生が作り出す官能的な世界とは?

みゆな
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みゆなという歌手をご存知でしょうか?
まだ世間にはあまり知られていないかもしれませんが、私はこれからヒットすると予想するシンガーです。

今回はそんな歌手みゆなさんが初めて作詞作曲をした曲『ふわふわ』のエピソードと歌詞の意味を考察してみました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みゆな『ふわふわ』はどんな曲??

みゆな – ふわふわ 【Official Music Video】

みゆなが初めて作った曲が『ふわふわ』。
とても大人っぽい妖艶な雰囲気がありますが、この曲を作ったのがなんと中学3年生の時だというからやばいですよね。(語彙力)

聞いていただいたらwカルト思うのですが、可愛らしいタイトルからのギャップにいい意味でやられました。

10代でこの歌詞にして、それがまた入ってくる歌唱力には脱帽です。

『ふわふわ』ができたのは椎名林檎の影響?

みゆなが公言している好きなアーティストは椎名林檎、NakamuraEmi、ONE OK ROCK、高橋優、RADWIMPS、がいますが、その中でもこの『ふわふわ』という曲は中学3年生の時に椎名林檎の『丸の内サディスティック』を練習していた時に『ふわふわ』のメロディが湧いてきただそう。

「ふわふわ」は何歳のときに作ったんですか?

中学3年生ですね。ギターを触りたての頃に椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」を簡単なコードで練習してたらメロディが浮かんで。最初は1番しか考えてなかったんですけど、ライブで歌うから急遽歌詞を2番まで考えて歌ったら、周りの方に褒めてもらえて。今回のミニアルバムにも入っていますが、初めてフルで作った曲がこんな形で作品になるとは思っていなかったです(笑)。

引用 ナタリーインタビュー

初期の椎名林檎を思い浮かべてしまう人もいるでしょうが、私はみゆなのハスキーボイスや確かなオリジナリティを感じます。

みゆな『ふわふわ』の歌詞の意味を考えてみた。

それではみゆなの『ふわふわ』の歌詞はどんな意味があるのか?
を考えてみました。

『ふわふわ』の歌詞を大きく考えると好きだけど離れられない女性の依存してしまう姿を歌っています。

それでは『ふわふわ』の歌詞をみていきましょう。


ふわふわ
あなたの香りで目覚めた
あなたの甘い誘惑
疲れ果てた私の 頬をそっと撫でる

目の前に広がる天井
二人揺られ泣く頃
疲れ果てた私の カラダにそっとキスをする

悲しいことがあった日はさぁ
強めのお酒で酔いつぶれて
辛いことがあった日はさぁ
あなたの胸で泣き潰れて

どこか消えてしまいそうだ
ふわふわと飛んでしまいそうだ
この矛盾だらけの世界で
嘘笑って息吸って吐くのが
だるいだるいだるいよ だるいだるいだるいよ

そんな目で私を見ないで
そんな手で私をさわらないで
あなたのことなんかとっくに殺してんだから
そんな目で私を見ないで
そんな目で私を見ないで
見ないで見ないで見ないでよ

悲しいことがあった日はさぁ
強めのお酒で酔いつぶれて
辛いことがあった日はさぁ
「あれ、誰の胸で泣いてたっけ」

どこか消えてしまいそうだ
ふわふわと飛んでしまいそうだ
この矛盾だらけの世界で
嘘笑って嗤って笑って

どこか消えてしまいそうだ
ふわふわと飛んでしまいそうだ
この矛盾だらけの世界で
嘘笑って息吸って吐くのが
だるいだるいだるいよ だるいだるいだるいよ

だるいだるいだるい、、、

引用 ふわふわ/みゆな作詞作曲

ふわふわ Aメロの意味

あなたの香りで目覚めた
あなたの甘い誘惑
疲れ果てた私の 頬をそっと撫でる

目の前に広がる天井
二人揺られ泣く頃
疲れ果てた私の カラダにそっとキスをする

引用 ふわふわ/みゆな作詞作曲

横に好きな人がいるのでしょう。男にうまいこと乗せられて男女の交わりを終えて、疲れていつの間にか寝てしまったのかな?

目が覚めて天井を見上げて、『2人揺られ泣く頃』というのは心の気持ちの泣くと感じている鳴くをかけているのかと。

ことが終えて頬にキスをされる。

ふわふわ Bメロ

悲しいことがあった日はさぁ
強めのお酒で酔いつぶれて
辛いことがあった日はさぁ
あなたの胸で泣き潰れて

引用 ふわふわ/みゆな作詞作曲

好きな人に遊ばれているのがわかっているのに、男に遊ばれてしまうのを忘れてしまおうとお酒に逃げる。

それでも男に依存することで自分を慰めている。
抱かれることで自分を好きになってもらおうという気持ちがあるのでしょう。

ふわふわ サビ

どこか消えてしまいそうだ
ふわふわと飛んでしまいそうだ
この矛盾だらけの世界で
嘘笑って息吸って吐くのが
だるいだるいだるいよ だるいだるいだるいよ

引用 ふわふわ/みゆな作詞作曲

お酒の良いでふわふわになって記憶が曖昧になってしまっている様子。男が好きなどの彼女を惑わせる言葉を使っているのでしょう。

でもそれが嘘だとわかっているのに、笑って合わせている自分もいやになってしまう、、、

言葉では好きと言っていても気持ちはないという矛盾をあらわしている。

そして何も考えたくなく自暴自棄になってしまう、、、

だるいのは考えることがだるいのとお酒の酔いがだるく感じているのをかけているのか?

ふわふわ Cメロ

そんな目で私を見ないで
そんな手で私をさわらないで
あなたのことなんかとっくに殺してんだから
そんな目で私を見ないで
そんな目で私を見ないで
見ないで見ないで見ないでよ

引用 ふわふわ/みゆな作詞作曲

『そんな』というのは他の女にも同じようにしていることを知っているからなんですね。

彼女側は男のことを忘れて気持ちはもうなくなってしまってるという強がりで、何度も『見ないで』という言葉を繰り返しているのは男に依存してしまう自分がいて惑わされてしまうことがわかっているからこそ、自分にも問いかけていると思います。

ふわふわ 2番 Bメロ

悲しいことがあった日はさぁ
強めのお酒で酔いつぶれて
辛いことがあった日はさぁ
「あれ、誰の胸で泣いてたっけ」

引用 ふわふわ/みゆな作詞作曲

1番のBメロと違うのは最後の部分ですね。
『あれ、誰の胸で泣いてたっけ』という部分。

お酒を飲んでる間は相手のことを忘れることができるが、自分も男と同じく他の男を惑わせていたのか?

男女の恋愛の純愛とドロドロとした大人の部分が一気に出てきた気がします。

ふわふわ 2番 サビ

どこか消えてしまいそうだ
ふわふわと飛んでしまいそうだ
この矛盾だらけの世界で
嘘笑って嗤って笑って

引用 ふわふわ/みゆな作詞作曲

1番とサビ部分はほとんど一緒なんですが、『嗤って』という言葉が入っていますのね。

この『嗤う』という言葉は人を見下したように、バカにしたように笑うという意味があります。

嘘をつかれているのにそれを見下されている自分とそんな世界しかないというバカにしている自分がいることをあらわしているのか?

みゆな『ふわふわ』の歌詞の意味は?現役高校生が作り出す官能的な世界とは?まとめ

いかがだったでしょうか?
この曲をとても中学3年生で作ったとは思えないくらい妖艶な大人の世界観が出ていますね。

みゆなはこんなに経験していないと思いますが、小さい頃に母やおばあちゃんの影響で美空ひばりや天童よしみなどを聞いて育ったからこういう歌詞が生み出されたのかもしれませんね。

1stミニアルバム『眼』のトップ曲として収録されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みゆな芸能
スポンサーリンク
しろつべ

コメント