竹内涼真が日曜劇場ドラマ「テセウスの船」の主演に決定!!

テセウスの船
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東元俊哉氏原作の漫画が「テセウスの船」がTBSの日曜劇場でドラマ化することが決定!

「テセウスの船」のドラマについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「テセウスの船」の放送日は?

放送日は決まっていませんが、TBSで2020年1月かの日曜劇場枠(毎週日曜よる9時)に放送予定です。

「テセウスの船」のキャストは?

今回、TVドラマ「テセウスの船」の主演を務めるのは、俳優の竹内涼真さんです。

竹内涼真さんといえば、日曜劇場の常連で「下町ロケット」「陸王」「ブラックペアン」そして「下町ロケット」の続編と毎年のように日曜劇場に出演しており、どのドラマでも欠かせない役を演じてきた。

そんな、竹内涼真さんが万を期して主演を務めるの今回のドラマ「テセウスの船」なのです。

楽しみですね♪

テセウスの船(1) (モーニングコミックス)

テセウスの船(1) (モーニングコミックス)

東元俊哉
660円(05/28 17:56時点)
発売日: 2017/09/22
Amazonの情報を掲載しています
テセウスの船 コミック 1-8巻セット

テセウスの船 コミック 1-8巻セット

9,325円(05/28 17:56時点)
発売日: 2019/06/21
Amazonの情報を掲載しています

「テセウスの船」の内容は?

主人公、田村心(たむら・しん)は、警察官の父親が起こした殺人事件の謎を追う青年。

心は父親が逮捕されてからずっと、世間から「犯罪者の息子」と後ろ指をさされ、苦しみながら生きてきた。
そんなある日、心は最愛の妻から「お父さんを信じてみて」と言われ、拘置所にいる父に会おうと決意。
しかし、昔の事件現場に向かうと突然の霧に包まれ、過去にタイムスリップしてしまう!
令和から平成へ 父が殺人事件を起こす直前の31年前にタイムスリップ!

今回、脚本を務める高橋麻紀は、原作にはない設定やオリジナルシーンを混ぜ込んだりしているとのことで、楽しみだ。

「テセウスの船」のスタッフ

原作:東元俊哉「テセウスの船」(講談社モーニング刊)
脚本:高橋麻紀
演出:石井康晴、松木彩、山室大輔

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テセウスの船
スポンサーリンク
しろつべ

コメント